ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7月20日 大阪ドイツ領事館 婚約成立 | main | 8月6日 大宮パレスホテル >>
2010.08.12 Thursday

10月23日 結婚ご挨拶会  (お礼の初代写真付き)

ありがとうございます!

お言葉を頂戴しておきながら、
なかなかお返事も差し上げず申し訳ありませんでした。

いわゆる、マリッジブルーになっておりましたポロリ

どうしてかって・・・?

(今日は「裸体」バージョンで、書かせていただきます)

だって、35歳までお仕事をして、自由を満喫していて、

東京に一人暮らしをしていたこともあれば、

いきなり大学生になってことだってる(早稲田は中退しました)

それが、なんで大阪に(1年大阪に住みます)?仕事も友達も何もないところへ行くの?


わがままだけど、嘆かわしく思いまして・・・


でも私という意思ある主体が決めた道です、

自分の出した結論に悔いることだけはしたくありません。


大阪やどこにいってでも「着物で国際交流」を繰り広げてまいりますし、

今後はSakaeya Globalという事業を立ち上げ、

「着物で国際交流」を実践したい方に、このノウハウをお伝えしていくつもりですので、どうか今後とも見守ってください。


そしてこうやって見守ってくださる皆様方に

お礼になるのか、不明ですが、

若き初代と父のラブラブの写真です!


私が13歳で他界した父に、花嫁衣裳を見せれなかったのは、本当に残念でしかたありません。

それでも、母が存命なうちに安心をさせられたこと、

それが何よりも嬉しく、

結婚が決まりどう感じたか?と聞かれると

「肩の荷が下り、ホッとした」というのが率直なところですニコニコニコニコ
ニコニコ
ニコニコ
ニコニコ



しかしながら、こうやって大宮にある実店舗のさかえ屋に、物理的には店番ができなくなります。

もしそういった店にいることが家を継ぎ、

二代目と名乗る資格に値する

と思われる皆様がいらしましたら、

ご期待に添えないことを平にお詫び申し上げます。

何卒、我侭をお許しください。


ご批判をなされたい方も、

そして、大阪に行く前に私の顔を見ておきたいと思ってくださる方も

ぜひ10月23日(土)の結婚のご挨拶にいらしていただければ嬉しいです。

会費制(三千円程度)でドイツのお料理とお酒、

大阪名物で、パウル君の入った「たこ焼き」などご用意して、

裏原宿のアバンギャルドなギャラリーで行います。

もしお祝いを・・・と思って下さる方は、

こちらへお運びいただくことが一番のお祝いになります。

お忙しいでしょうが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。
ラブラブラブラブラブラブ

*重ねて勝手ながら、ご祝儀やお祝いのお品は、ご遠慮をさせていただいておりますので、ぜひ代わりに会にいらしてください!
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album