ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2012.11.30 Friday

法事の着物

今年もいよいよあと1ヶ月、皆様いかがお過ごしでしょうか?

お忙しくご活躍と存じ上げます。

なかなか、ブログのネタが見つからない、凡人の私ですが、
何かお役に立てればということで、今年の法事のお話です。


ドイツ人の主人の家族が仏教で、故人を弔いたいということとなり、

この10月に法事を行いました。



ほとんどみえないのですが、
これは江戸小紋に、「偲」とかかれた法事用の帯

そして帯上げ帯締めは黒のお葬式用としました。

10月まだ上旬だったので暑くて単えです。

庵主さん(尼さん)も「私は絽だからええじゃろ」と認めてくれました。


江戸小紋もこんな地味な色ならいろいろな用途に使えて便利です。

晴れの時も、単えの時期は、結婚式に呼ばれてもこの着物です。

金糸の袋帯をしべれば、江戸小紋は正装にもなるので!


少しはお役にこのブログがなれば幸いです。
JUGEMテーマ:ファッション
2012.10.31 Wednesday

着物の輸出販売

寒くなって参りましたが、お風邪などお召しではないでしょうか?

秋の深まりも楽しみですが、今一番着物をお召しになりやすい季節ですね。

ぜひ着物でおでかけを楽しんでください。


さて、ドイツのファッションデザイナーさんがベルリンで着物の販売をスターとさせてくれました。

サイト http://www.odilehautemulle.com/

今日は台湾向けの輸出のお話があり、今わたしのなkでホットなトピックが輸出!

ぜひご興味有るかたお声をかけてくださいませ。 


                さかえ屋
2012.09.29 Saturday

ノルウェー人姉妹?

 

ご無沙汰をなにとぞお許しください。

さかえ屋呉服店は2代目が留学していたことがあり、ノルウェーにめっぽう強い!

また今回もノルウェーのお客様ですが、みなさん「あれ?」と思わるかも。

お二人は、我々がイメージする北欧人とは違いますよね?

彼女たちのご両親がベトナムから移民しているんです。

でも二人はれっきとしたノルウェー人姉妹。

お二人の間はノルウェー語でペラペラ。


外見で人種も判断できないなら、

まさにその人自身も判断できないな=と

色々な人とお話しできる、現代の自由に感謝をしています!

そしてめったに2代目はチップをもらわないのですが、

このお二人の素敵なわたし方に、思わず今回はチップをもらってしまいました。

おそらく2代目史上、2度目のチップ体験でした。
2012.08.29 Wednesday

北欧の学生さんたちとの浴衣イベント2










まだまだ暑い日が続いておりますが、

いかがお過ごしでしょうか?

遅くなりましたが先月の2度目の北欧の学生さんたちとのイベントをご報告させてもらいます。




DSC_0906.JPG




 

DSC_0895.JPG

今回も女性が多かったのですが、

少ない男性の隣をしっかりキープする初代でした。

2012.08.10 Friday

紗袷という着物

JUGEMテーマ:ファッション


残暑お見舞い申し上げます。

皆様いかがお過ごしでしょうか?


(夏季営業については、電話048−641−8137まで 直接ご相談ください)


なんだか季節外れでとーっても恥ずかしいのですが、

今年1度しかきられなかったので、

ここで紗袷(しゃあわせ)の着物をご紹介させてください。


DSC_0167.JPG 
DSC_0137.JPG


相当わかりにくいですね<(`^´)>

これは、紗と絽を袷のように仕立てた着物で、

模様は、裏側にのみ描かれています(下の写真の裾をご覧ください)

透けて見える模様が、涼やかに見えるというので

6月しか着られないんですよ!


6月はあわただしく、ようやく6月末日に着れたものの

ご覧のとおりあいにくの雨


せっかくなのでこちらで掲載するので、

ご覧いただいてもらってもいいでしょうか?



季節外れの話題でごめんなさい。

どうか暑いですが皆様お健やかにお過ごしくださいませ。


2012.07.27 Friday

感激!北欧の学生さんと浴衣イベント

 JUGEMテーマ:ニュース

遅ればせながら、

「暑中お見舞い申し上げます!」

毎日暑いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

体感気温は変わらないのでしょうが、

浴衣で歩いている方を見ると、

何か涼しげな気持ちをおすそ分けしてもらう気がするのですが??


日本人の五感のするどさでしょうか、私の勘違いでしょうか?




さて、私ごとですが、さかえ屋に入るきっかけは、

ノルウェーに留学したことだったと、

以前アルクさんのブログでサラリーマンからの軌跡をお伝えさせてもらったことがあります。



その北欧の学生さんと浴衣のイベントをしないか?というご提案が!

もちろんお引き受けさせてもらいました!

今回は7月9日の第一回目の模様をご紹介させてください。

DSC_0648.JPGDSC_0651.JPG

皆様 すっごーいいかわいい!!

自分で一番似合う浴衣を自分で選び、そしてたった一回の講習で自分で浴衣を着られた北欧の学生さん、私の誇りです!


DSC_0646.JPG

男性も頑張りました!男女平等の国々、ちゃんと自分で着られるよう、
そしてアフターケアーもできるように質問もビシバシ!!

男性から「洗濯できる?」「アイロンは?」などなど。

さすがです!


会場に到着したところ、すぐにノルウェー語が耳に入り、さっそくお話ししてお友達に。

(もちろんデンマーク、スウェーデン、フィンランドの方がもたくさん。ただノルウェー語が本当に歌のようで私は大好き)

DSC_0655.JPG
DSC_0657.JPG

驚かれるかもしれませんが、私以外皆さんノルウェー人。

人道主義による移民政策、養子政策でいろいろな顔の人がいるのがノルウェー。

その結果、昨年の大事件になったのは悲しいことですが・・・

でもこういった人道主義のために石油で得た利益を使うのは立派な国です。


今回のイベントはもう一度開催されるのですが、

本当に楽しませてもらって、お仕事しているのか、遊んでいるのか<(`^´)>

2012.06.08 Friday

紅型作家知念貞男さんの訃報によせて

 JUGEMテーマ:ニュース

沖縄の紅型、

着物好きなら「一着は!」と思うお着物です。

(最初に出てくる左奥の着物がまさに沖縄の紅型。フクギなどの天然染料染め


世にはたくさん紅型風が出回っていますが、

なかなか本紅型は個性があって・・・躊躇しますよね。

(黄や赤の配色は、沖縄の真上から降り注ぐ光でないと本当の美しさが発揮できない)

そして、お値段も!

ましてや紅型宗家のものは・・・


私も生涯着ることがないと思っていたのですが、

親心というのは恐ろしく、知ってか知らずか

「結婚したら、買ってあげられないから(嫁ぎ先に嫌味になるから)」と

ずっと前に購入してくれたものがあります。

それはが紅型宗家のおひとり、知念貞夫さんのものです。

残念ながら、その知念さんがお亡くなりになったと伺い、今日は故人のご冥福をお祈りする気持ちをこめて、ブログをつづりました。

購入した時の記念写真。私の持っているのは、帯地で、現在もさかえ屋でご覧いただけます。

そして、私にと母が選んでくれた一着がこちら(写真の大きさが違ってごめんなさい)


原色を大きく使わずに、指し色に。模様もやや小ぶりにされて、

本州の薄ボンヤリしたお天気で来ても、調和する本紅型。

紅型は型染めの一種なので、

型染めの名門問屋さんの「竺仙」さんで母が見立ててくれたもの。


隈取り(模様の縁取り)、顔料染めなど、本当にほかの着物では見られない

紅型の仕事が現代風にアレンジしている中でも、しっかりと施されており、

着て歩くと、関西の目の肥えたおばちゃんたちに

「あんた、えーべべ着てはるな〜」と、目を見張られます。

アレンジしていても、やはりほかの着物にはない存在感を漂わすのだろうか?

と、未熟ながらありがたく思っていました。

そんなお言葉もお伝えできてなかったことに、自分の愚かさを感じます。


知念さんの澄んだ美しい瞳が今も忘れられません。

こんな素晴らしい着物を世に残してくれてありがとう。

紅型と知念さんは一つになられ、紅型の歴史になられたと感じ、

大変ご立派だと尊敬申し上げます。



皆様 もし紅型に興味をお持ちになられたかたがいましたら、

ずっと以前に早稲田の学生さんとミニ研究会をさせてもらいました。

ここにその時の様子を記してみます。知念さんを知っていて頂く道しるべになれば嬉しいです。


最後になりますが、さかえ屋チーム一同、ご冥福をお祈り申し上げます。

Powered by
30days Album